仮想通貨・ビットコイン・トレードのテクニカル分析手法

ビットコイントレードFXテクニカル分析手法

仮想通貨・ビットコイン・アルトコインでのレバレッジ取引・デイトレの勝ち方を解説します。

 

こちらの記事では特に「テクニカル分析」手法を解説していきます。

 

テクニカル分析手法を理解してチャート分析していくことで、
仮想通貨・ビットコイン・アルトコインのレバレッジ取引トレードを有利に行っていきます。

 

通常のFXトレードと同様に、トレードの勝ち方を学んでいくことが肝要です。

 

相場の方向性を理解して、大きなトレンド方向に乗っていきましょう。

 

また、
レバレッジ取引でも現物取引でも、チャートをみてテクニカル分析をしていくの有効なのは同様です。
しっかりと相場の方向性を見定めてトレードしていきましょう。

 

参照:仮想通貨デイトレード・レバレッジ取引やり方まとめ
ビットコインfxトレード

 

仮想通貨・ビットコインFXの特徴(2021年3月4日現在)

ビットコイン・アルトコイン及び仮想通貨全般の値動きには、以下の特徴があります。

  • トレンドが発生したら、トレンド方向に大きく動きやすい
  • トレンドが継続しやすい

 

トレンドが大きく続きやすいので、一旦利益が伸びだすと大きく膨れ上がる傾向です。
なので、仮想通貨トレードは「うまくトレンド方向に乗れる」と勝ちやすい面があります。

 

以下、ビットコインの日足チャート画像です。
ビットコイン/ドル日足チャート
こんなアップトレンド相場で、価格安い時にロングエントリーできてれば最高ですが…

 

長らく低ボラリティでのレンジ相場が続く為替相場FXと違い、仮想通貨は長期的なアップトレンドを形成しています。

 

ビットコインの日足以上の場合ですと、
2017年12月から2020年11月くらいまでの急下落からのレンジ相場は長かったですが、
再び高値更新して強いアップトレンドで価格上昇しているので、今後も上昇方向に狙っていくのがセオリーです。

 

下落を狙って売るなら、短期で手じまいするのが無難な相場状況ですね。

 

というわけで、
仮想通貨の短期トレードでも「トレンドフォロー手法」が有効になってきます。

 

ビットコイン・アルトコイントレードでのテクニカル分析

ビットコイン・アルトコインでのトレードでも、
FXと同様にチャートを見てテクニカル分析することで、
「今度の値動きのメドを付ける」ことが可能です。

 

トレンドとレジサポライン
仮想通貨トレードでも、FXと同様にトレンドとレジサポが重要っす。

 

以下がテクニカル分析(相場分析・環境認識)で重要なポイントとなります。

  • トレンド
  • 相場が上昇か下降か、直近ではどちらに向かっていくかを判断します。
    ダウ理論によって判断するのが王道です。

     

  • レジスタンス・サポートライン
  • 過去相場で意識された価格、斜めのトレンドライン、移動平均線(MA)など。
    これらを価格の抵抗帯として判断していきます。

 

いわゆる相場分析・環境認識のやり方はFXも仮想通貨トレードも同様です。
以下の記事で解説しています。
参照:デイトレードでの相場分析・環境認識やり方

 

トレードルール・ロジックに沿ってトレード(注意点あり)

仮想通貨トレードでも、「トレードルール・マイルール」に沿ってトレードすることが有効です。
(ここでいるルールは、手法・ロジックも含むトレードへの取り組み方全般を指します。)

 

ルールを決めて機械的にトレードしていくことで、
精神的な負担を減らしてメンタル崩壊リスクを軽減し、
自暴自棄になっての破滅型トレードになっちゃうことを防ぎます。

(メンタル崩壊すると、無茶苦茶やりだすんで注意です。)

 

ただ、以下の注意点があります。

仮想通貨全般で「一度発生したトレンドは強く、継続しやすい」傾向があります。

 

なので、
強いトレンドが発生して勝負のタイミング!と見たら、飛び乗りも有効な場合があります。

 

あまりに通常の為替相場FXと同じ感覚でトレードロジックでのトレードのみを見ていくと、
大きなトレンドの伸びにおいていかれ続けるリスクもあります。

 

ここら辺は、巨大なレンジ相場が続く為替相場FXとの違いになるので注意が必要です。

 

細かいトレードロジック通りトレードするというよりも、
大局のトレンド発生に乗っていく方が勝ちやすい、とみてます。

 

ただ、反発食らって含み損になるとドカーンなんで、リスクもでかいですけども。
(個人的意見です。)

 

仮想通貨の値動きの特徴を理解した上で、トレードを実践していきます。

 

通常の外国為替FXと仮想通貨レバレッジ取引を比較した場合

以下、通常の外国為替FXと仮想通貨トレードを比較した場合の違いをまとめておきます。

 

仮想通貨トレードの外国為替FXとの違い
  • 有効最大レバレッジが低い
  • (国内は最大4倍、海外でもFXより低め)

     

  • トレンドが発生したら大きく伸びやすく、継続しやすい
  • (外国為替FXは、レンジ傾向でトレンド発生しても押し戻りが入りやすい)

     

  • 黎明期でこれから整備されるであろう法律部分も多い
  • 税制面では仮想通貨投資は現時点でかなり不利。
    参照:仮想通貨投資で発生する税金に関して

 

仮想通貨トレードは、まだまだこれから大きく変わっていく可能性があります。
状況に応じてトレードしていきましょう。


Comment Box is loading comments...

ナオトの無料FXメルマガ(トレードロジックのプレゼント付き)

こちらをクリック



メルマガ登録で、ナオトが実践しているトレードロジック3種類の完全暴露プレゼント有。
仮想通貨投資でも必須のチャートリーディングスキルが学べます。



仮想通貨投資のコンテンツ記事

  • 仮想通貨投資の基礎
  • 仮想通貨投資をはじめる
  • ビットコインfxトレード
  • 仮想通貨専門用語解説まとめ
  • 仮想通貨取引所まとめ