仮想通貨投資の稼ぎ方・取り組み方手順

仮想通貨投資の稼ぎ方手順

ここからようやく本題です。

 

「仮想通貨・暗号資産投資での稼ぎ方手順」を記載していきます。

 

まずは仮想通貨・暗号資産の基本的な知識を理解した上で、進めていきましょう。

 

基本的な知識を見ていく場合は、以下ボタンからコンテンツに戻ってください。
仮想通貨投資の基礎

 

仮想通貨・暗号資産投資のやり方は、以下のような種類があります。

それぞれやっていくこと、難易度もそれぞれなので、まずは内容を理解してから実践を進めていきましょう。

 

 

初心者からはじめる時の取り組み方手順をまとめます。

 

いきなり無茶するとやばいんで、慎重に少しづつ進めていくのがいいですよ!

 

仮想通貨投資を始める手順

まずは以下をやっていきます。

  1. 仮想通貨取引所にアカウント開設する
  2. 仮想通貨取引所は取り扱いコインの種類が違ったりするので、
    複数の取引所で口座開設していきます。

     

  3. ビットコインを購入する
  4. まずは日本円を入金して、基軸通貨といえるビットコインを購入します。
    ビットコインを取引所で保有した状態から、様々な投資をやっていきます。

     

  5. それぞれの稼ぎ方を理解して、実践していく
  6. 以下、解説していますので見ていってください。

 

アルトコインの現物保有も、ビットコインデイトレードも、まずはビットコインを持つことからですね。

 

現物取引(値上がり期待で保有)

まず最もわかりやすいのが、「現物取引」です。
仮想通貨の「現物取引」で価格上昇しての利益を狙います。

 

ビットコインでもアルトコインでも、価格は常時変動しています。

 

コインを購入後に価格が値上がりすると、そのコインを売却した時に売却益が発生します。
この価格差で稼ぐ方法です。

 

やり方手順は以下です。

  1. ビットコイン・もしくはアルトコインを価格が安い時に購入する
  2. 所有するコインが目標値まで値上がりしたら、売却して利益を得る

どシンプルですね。

 

以下、ビットコイン/ドルの週足チャート画像です。(画像クリックで拡大)
BTCチャート週足
うまいこと安値で買ってガチホしておけば、BTC価格は5倍以上になりました。
(2021年2月27日現在)

 

仮想通貨の現物取引は、買ってガチホしてればいいんで楽ですね。
まぁ… 価格が下がることもあるわけですが…

 

利確タイミングが大事ですね。

 

また、
「草コイン」と呼ばれるまだしょっぱい仮想通貨をガチホして狙うやり方もあります。

 

あと、現物取引の応用編で、「積立投資」サービスもあるみたいですね。

 

参照:仮想通貨投資「現物取引」やり方

 

仮想通貨・ビットコインのFXトレード(レバレッジ取引)

通常の外国為替FXトレードと同様に、レバレッジをかけてデイトレードもできます。

 

仮想通貨全般は黎明期ということで、
外国為替に比べてトレンド形成がわかりやすいこともあり、
レバレッジをかけた短期トレードはかなり実践されています。

 

取り組み方手順は以下です。

  • 仮想通貨レバレッジトレードを提供している仮想通貨取引所・FX業者で口座開設
  • 証拠金を入金する
  • 専用の取引画面(インターフェース)でトレードしていく

 

以下、海外FX業者である「Simple FX」では、MT4でのビットコイン・イーサリアム・ライトコインのトレードも可能です。
simple fx
Simple FXはMT4だけでなく、専用の取引WEBインターフェースもあります。

 

参照:Simple FXのMT4口座でビットコイン仮想通貨トレード

 

こういった海外FX業者では、
CFD取引の一環としてBTC等の主要仮想通貨がトレードできるようになりつつあります。

 

日本国内の仮想通貨取引所でも、レバレッジトレードは可能です。
※国内仮想通貨取引所では、「最大レバレッジは4倍」までとされています。

 

国内仮想通貨取引所では、以下の業者がレバレッジトレードを提供しています。

  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin
  • ビットフライヤー
  • などなど…

 

仮想通貨は価格変動が激しいので、リスク管理は徹底してやってくださいね〜。
特に海外FX業者でビットコイントレードやると、一気に価格動くんで〜。

 

仮想通貨・ビットコイントレードの手法に関しては、以下よりどうぞ。
ビットコインfxトレード

 

ICO(アルトコイン・Initial Coin offering )

ICOは、正式名称イニシャル・コイン・オファリング(Initial Coin offering )の略称で、
新規仮想通貨(アルトコイン)を公開し、企業や個人が資金調達を行う仕組みを指します。

 

このICOに参加して新規アルトコインに先行投資してコインや権利を所有し、
価値が大幅上昇することを狙うのが仮想通貨ICOの稼ぎ方です。

 

注意点としては、「詐欺的な仮想通貨案件」が多いことです。

 

2017年から2018年あたりにかけてはICO案件メチャありましたね〜。

 

うまく驀進したコインと、消えていったコインに両極端に結果が別れちゃいましたねぇ。

 

その時期に詐欺的案件がたくさんあってもめたこともあり、
2021年現在はあんまり目立たなくなってきたやり方です。

 

ICOと近い資金調達手段で「IEO(Initial Exchange Offering)」「STO(Security Token Offering)」もあります。

 

「STO」は、スペース・トルネード・小川の略ではないです。ご注意を!

 

参照:ICOの稼ぎ方

 

マイニング(Mining)

マイニングとは、仮想通貨のブロックチェーン作業に参加して新たなブロックを生成し、
その報酬として仮想通貨を手に入れる流れを指します。

 

ビットコインはもちろん、アルトコインでも多くのコインでマイニングに参加することが可能です。

 

マイニングの参加方法は以下です。

  1. マイニングの参加方法を決め参加する。

 

マイニングの種類は、以下の3パターンです。

  • クラウドマイニング(マイニング実践団体に投資して利益を受け取る)
  • プールマイニング(マイニンググループに自分専用のプールを導入して参加)
  • ソロマイニング(自分のみでマイニング作業する)

 

仮想通貨マイニングは、かなりパソコンスペック・専用機材・電気代がかかる作業となります。
ソロマイニングだと、ある程度のスキルと覚悟が必要になります。

 

一時期、クラウド・プールでのマイニング参加が流行りました!ビットクラブとか。ただその後… (遠い目)

 

参照:マイニングの仕組みとやり方

 

レンディング(貸し仮想通貨)

仮想通貨を対象媒体に貸与することで、報酬を得る方法が「レンディング」です。
株式投資の貸株の仮想通貨版です。

 

やり方は以下です。

  1. 購入した仮想通貨を取引所等に貸す
  2. 貸仮想通貨することで、年率数%の報酬を受け取る

 

注意点としては、貸している仮想通貨は売買できないことです。
そりゃそうですが。
また、価格が暴落したりすると、その分の価格差は損失となります。
そりゃそうですね。

 

また、レンディング先に仮想通貨取引所が経営破綻すると、ヤバイですね。

 

ステーキング

ステーキング対象音仮想通貨をウォレットに入れておき、
ブロックチェーンのオペレーションに参加することで報酬を得るやり方です。

 

「LSK」等で実践できます。

 

PoS通貨保有

仮想通貨の承認システム「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」を採用しているコインを保有することで、
所有量に応じた報酬を得ることができます。

 

PoSとは、仮想通貨を持っている所有量によって新たに発行された仮想通貨を受け取れる仕組みを指す。

 

HYIP案件

HYIPとは、高配当・高利を前提としたでの投資・投機案件及び企業を指します。
仮想通貨・暗号資産界隈では、2017年前後にかなり流行りました。

 

2017年前後にあった仮想通貨系HYIP案件は、詐欺的なヤバイやつが多かったです。
最近はあんまり見かけなくなりましたね。

 

参照:仮想通貨投資におけるHYIP(ハイプ)案件まとめ

 

アービトラージ(裁定取引)

仮想通貨取引所間の同一通貨での価格差を狙って同時取引する手法です。
2017年前後はかなりうまくいったようです。

 

2021年現在は、価格差がかなり少なくなってきて対策されています。

 

仮想通貨案件のアフィリエイト

仮想通貨取引所の紹介アフィリエイトや、HYIP案件の紹介アフィリエイトがあります。

 

様々な案件で紹介アフィリエイトがあるので、
Twitterやブログ、You tubeなどで集客されていたりします。

 

そういったアフィリエイト案件の集客・成約を狙っていきます。

 

仮想通貨ジャンルのアフィリエイトは、ぶっちゃけ企業が強くて難しいっす!

 

2017年前後にタケノコ状態であった案件が、殆どつぶれちゃったのもあり、
(結果的に消滅したもの含む)
2021年現在はめぼしいものがあんまりないですね。

 

仮想通貨投資の取り組み方手順 まとめ

まとめると、以下の手順です。

  1. 仮想通貨取引所に口座開設してビットコインを所有する
  2. 現物取引をして価格上昇を待つ
  3. ビットコインのレバレッジトレード・その他ステーキング等の稼ぎ方を実践していく

 

現物取引を実践した後に、
レバレッジトレードをやるか、もしくはステーキング・レンディング等で長期投資を狙うか、
新たな新規アルトコインに投資するか(ICOなど)、の選択になります。

 

まだまだ仮想通貨・暗号資産は黎明期。
何が起こるかわからないので、状況を常にチェックしながら、自分に合ったスタイルで投資していきましょう!

 

やるっきゃないナイト!!


ナオトの無料FXメルマガ(トレードロジックのプレゼント付き)

こちらをクリック



メルマガ登録で、ナオトが実践しているトレードロジック3種類の完全暴露プレゼント有。
仮想通貨投資でも必須のチャートリーディングスキルが学べます。



仮想通貨投資のコンテンツ記事

  • 仮想通貨投資の基礎
  • 仮想通貨投資をはじめる
  • ビットコインfxトレード
  • 仮想通貨専門用語解説まとめ
  • 仮想通貨取引所まとめ

仮想通貨投資の稼ぎ方手順記事一覧

 

仮想通貨の現物取引は、一番ベーシックな仮想通貨投資と言えます。そりゃそうか。まずはビットコイン、もしくはアルトコインを購入等で手に入れることからスタートです。日本円でビットコインを買う場合は、その時のビットコイン価格で日本円で購入します。で、BTCの値上がりを待ったり、BTCでアルトコインを買ったりしていきます。(レバレッジ取引で、売買する率にレバレッジを掛けて短期トレードする場合もあります。)仮...

 
 

仮想通貨でのレバレッジを使用したデイトレードのやり方を詳しく解説していきます。ビットコインや主要のアルトコイン(イーサリアム・ライトコイン等)でのレバレッジ取引が可能です。レバレッジ取引は、現物取引と違い「売り」からでもポジションを持てます。ビットコイン・アルトコインでのレバレッジを掛けたトレード名称が、「ビットコインFX」「仮想通貨FX」と表記されることがあります。FXという言葉自体は、外国為替...

 
 

アルトコインのICO案件での稼ぎ方手順と、これまでの状況をまとめていきます。仮想通貨における「ICO(正式名称「Initial Coin Offering」)」とは、『新規仮想通貨公開』という意味で、新規仮想通貨を大きくする為の資金調達法のひとつになります。仮想通貨は取引所に上場して評判がよくなると、価格が跳ね上がる場合があります。そんな状況になると、ホルダーは大儲けです。ICOで安くコインに投資...

 
 

仮想通貨の「マイニング(Mining)」とは、ブロックチェーンに新たな取引記録を追加する際に、その内容に不正や改ざんがないかを検証・承認作業することで、その報酬として仮想通貨を獲得することを指します。ビットコイン(BTC)やアルトコインの多くで採用されている仕組みです。仮想通貨の取引情報処理作業は、ハイスペックなパソコンで専用のソフトウェアを使用して実践します。マイニングとは日本語で「採掘」という...

 
 

「HYIP(ハイプ)」とは、「High Yield Investment Program」の略称。「高利回り案件」「高収益プログラム」の投資案件という意味になります。日本では銀行が年利が1%を下回っている状況の中、HYIP投資案件では月利10%から50%、または日利1%から5%といった、衝撃的な高利回りを謳って集客される傾向があります。仮想通貨を媒介としたHYIP案件は多いです。特に2017年のビ...