ビットコイン・アルトコインの現物取引投資やり方

オカダカズチカ

仮想通貨の現物取引は、一番ベーシックな仮想通貨投資と言えます。
そりゃそうか。

 

まずはビットコイン、もしくはアルトコインを購入等で手に入れることからスタートです。

 

日本円でビットコインを買う場合は、その時のビットコイン価格で日本円で購入します。
で、BTCの値上がりを待ったり、BTCでアルトコインを買ったりしていきます。

 

(レバレッジ取引で、売買する率にレバレッジを掛けて短期トレードする場合もあります。)

 

仮想通貨の現物取引について、簡単に解説していきます。

 

仮想通貨の現物取引とは…

仮想通貨の現物取引とは、仮想通貨を実際の金額で購入したり売却したりする取引です。
シンプルに、言葉のまんまです。

 

実際の相場価格(仮想通貨の時価)でそのまま購入・売却することをさします。
また、レバレッジを掛けないで売買することを指します。

 

仮想通貨の現物取引は、
手元にある資金以上の仮想通貨は購入できない仕組みとなります。
(反対にレバレッジ取引は、資金以上の量を売買可能です。)

 

仮想通貨の現物取引

 

仮想通貨の現物取引は、以下の方法で行います。

  • 仮想通貨取引所の販売所で売買する。(対事業者で売買)
  • 仮想通貨取引所内の販売所で売買します。
    (仮想通貨取引所内の販売所で売買する仕組み)
    ある程度の手数料がかかります。

     

    以下、コインチェックの販売所箇所となります。
    コインチェックの販売所
    売買希望の仮想通貨数量を記入すると、レートも表示されていきます。
    この箇所で売買していきます。

     

     

  • 仮想通貨保有者間で直接売買する。(対個人で売買)
  • ユーザー間での取引は、仮想通貨取引所の市場内で売買可能。
    送金手数料はかかります。取引所内の販売所よりも手数料安い傾向。

     

    以下、コインチェックの売買板箇所となります。
    コインチェックの取引所売買板
    常時、ビットコインの売買が行われている情報が流れてきます。
    売買したい他ユーザーの状況と合致すれば、売買成立となります。

 

ビットコインからでしか購入できないアルトコイン・草コインも多いです。
ビットコインを所有し、購入希望のコイン取り扱い取引所の自分アカウント等に送金して、
そこから売買していく流れとなります。

 

まずはビットコインを購入していき、そこから広げていきましょう。
(2021年3月現在、主要のアルトコインは日本円で直接購入できる取引所も多いですが。)

 

現物取引のメリット・デメリット

仮想通貨現物取引でのメリットデメリットは以下です。

 

現物取引のメリット 仮想通貨価格変動で、損失が拡大しても投入資金以上の損失にならない(リスクが限定される)
現物取引のデメリット 基本的に買いからしか入れない(空売りできない)、投資資金が少ないと大きく利益を出しにくい

 

現物取引に対して、レバレッジ取引だと売りからも入れます。
また、レバレッジをかけることで、資金量以上の投資額が可能です。
(損失時にもレバレッジがかかりますが。)

 

現物取引に対して株式投資やFXと同様に、「先物取引」「レバレッジ取引」があります。

 

現物取引の手順

ビットコイン・アルトコインを現物取引する方法はシンプルです。

 

そのコインの取り扱いのある仮想通貨取引所で売買します。

 

以下の手順となります。

  1. 売買したいコインの取り扱いがある取引所を探す
  2. (特にアルトコインのマイナー通貨(及び草コイン)は、取り扱い取引所が限定される場合があります。)

     

  3. 仮想通貨取引所にアカウント開設する
  4. 仮想通貨取引所に入金する
  5. コインを売買していく

 

※マイナーアルトコイン・草コインの場合
主要取引所で扱いがないアルトコインを売買する場合は、
取り扱いがある取引所を探してアカウント開設し、
その取引所にビットコイン・イーサリアム等を入金して購入していきます。

 

以上です。

 

保有している仮想通貨の管理はセキュリティを意識して…

現物取引でコインを保有して値上がりを待つ場合、所有量は大きくなることがあります。
そういった場合、コインを保管しておくウォレットには注意が必要です。

 

ハッキング等によるリスクがあるので、コールドウォレットでの保管が望ましいです。

 

参照:仮想通貨ウォレットを作成する手順

 

 

過去にもヤバイハッキング事件があったのでご注意を!
参照:コインチェックNEM流出事件


ナオトの仮想通貨・現物取引の現状に関して

オガタナオトFXトレーダー

(↑著者近影)

 

※2021年3月2日現在の状況です。

 

僕は基本的に、仮想通貨を「ガチホ」しています。

 

2017年後半からの仮想通貨全体の第一期急騰相場の時に知識が追いつかなくて、
(育児・家事の負担が大きく、通常FX関連で手一杯だった)
そのタイミングでビットコイン等でのレバレッジトレードに参入できなかったのが理由です。

 

そのまま2021年に突入しちゃいました。

 

ただ、
2017年後半くらいの時期は、まだまだ仮想通貨全体も黎明期全開で、
状況的に不透明な部分が多かったので警戒していたのが大きい部分もありました。
(きちんと知識もって、時間と精神的な余裕もって挑まないとリスキーと感じてました。)

 

その後、コインチェック事件等もあったので、一旦全体がトーンダウンしましたし。

 

2021年3月現在、ビットコイン中心に多くのアルトコインでも価格が急騰してワッショイ相場です。

 

そんな状況もあり、
今後はビットコイン・アルトコインでのレバレッジトレードも状況みてやっていきたいと考えています。

 

ガチホしてる仮想通貨は、価格が上昇してくれたので気分的には良い感じです。
その分は、当面そのまま放置しておくつもりです。
サボテン ワラシー
おっきくなってねー。
このサボテンも、現在は3倍の大きさになりましたし…


ナオトの無料FXメルマガ(トレードロジックのプレゼント付き)

こちらをクリック



メルマガ登録で、ナオトが実践しているトレードロジック3種類の完全暴露プレゼント有。
仮想通貨投資でも必須のチャートリーディングスキルが学べます。



仮想通貨投資のコンテンツ記事

  • 仮想通貨投資の基礎
  • 仮想通貨投資をはじめる
  • ビットコインfxトレード
  • 仮想通貨専門用語解説まとめ
  • 仮想通貨取引所まとめ