P2P(ピアトゥピア・ピアツーピア・Peer to Peer)とは?

P2P

P2P(ピアトゥピア・ピアツーピア・Peer to Peer)とは
複数のコンピュータを介する情報処理における方式の名前です。

 

「P」を表す「Peer」(直訳:仲間、同等のもの)は個々の端末を表し、
それらの複数のPeer(端末)が互いに信頼し合い相互協力して作るネットワークをP2Pと呼びます。

 

P2P・Peer to Peer(仲間から仲間へ・端末から端末へ)という意味

 

以下はP2Pの仕組みを図式にしたものです。
P2P
ネットワークの管理を中央集権的なものを挟まずに、個々間で直接やり取りするのがP2Pです。

 

このP2Pのネットワークを形成するうえでは、
中央集権的なサーバーは利用せず、
それぞれのPeer(端末)間での相互ネットワークとなります。

 

ブロックチェーンはP2P

ビットコインにおける管理体制「ブロックチェーン」も、P2P方式と言えます。

 

ビットコインのユーザー間取引は、「自分→相手」と直接取引です。
(直接取引を「相対取引」と呼びます。)

 

この相対取引を表す言葉が「P2P・Peer to peer」となります。

 

ビットコインはP2P方式を採用して取り引きすることで、
送金にかかるネットワーク負荷を下げることができており、
送金手数料を抑えて取引できるメリットがあります。

 

P2Pの媒体例

P2Pの仕組みを使った媒体としては、以下のものがあります。

  • LINE
  • Skype
  • 「winny」「Winmx」(かつて使われたファイル共有ソフト)
  • オンラインゲーム上でのやり取り

 

直接的にユーザー同士でやり取りする仕組みがP2Pです。


ナオトの無料FXメルマガ(トレードロジックのプレゼント付き)

こちらをクリック



メルマガ登録で、ナオトが実践しているトレードロジック3種類の完全暴露プレゼント有。
仮想通貨投資でも必須のチャートリーディングスキルが学べます。



仮想通貨投資のコンテンツ記事

  • 仮想通貨投資の基礎
  • 仮想通貨投資をはじめる
  • ビットコインfxトレード
  • 仮想通貨専門用語解説まとめ
  • 仮想通貨取引所まとめ

関連ページ

ブロックチェーンの意味と仕組み
ビットコインはじめ、多くの仮想通貨・暗号資産で使われるブロックチェーンのシステムの意味と仕組み、目的を解説します。ブロックチェーンの仕組みが仮想通貨・暗号資産の成立に大きく影響しています。
ビットコイン(Bitcoin・BTC)とは?意味仕組み解説
仮想通貨・暗号資産の中でも最重要基軸通貨として使われる「ビットコイン(Bitcoin)」の解説を簡単にしていきます。
アルトコインとは?わかりやすく意味と種類を
仮想通貨・暗号通貨・暗号資産の中でも、ビットコイン以外のアルトコインの意味と種類、考え方をわかりやすくシンプルに解説します。
主要アルトコイン種類まとめ
仮想通貨・暗号通貨・暗号資産の中でも、アルトコイン(altcoin)の主要なものをまとめていきます。 広義でみると草コインも入れるときりがない数になりますが、今回はある程度の時価総額がある主要なものをまとめます。